イロハニポテト?!

 調性を知る事はとても大切な事で、習い始めた時から調性のお話はレッスンの度にしています。音の名前もレッスンの度に生徒さんと言うようにしています。
英語ならABCDEFG(ラシドレミファソ)
ドイツ語ならABCDEFGAH(ラシ♭ドレミファソラシ)
日本語ならイロハニホヘト(ラシドレミファソ)

幼稚園生のレッスンでの事。
「イロハニホヘト」を覚えてもらおうと真似をしてもらっていたのですが、「イロハ」辺りまでは真似出来ましたが「ホヘト」が聞き取れない様子。
そのうち私までが「イロハニホテト」と間違えて言ってしまい、幼稚園生が「イロハニポテト」と言ったり「イロハニトテト」と言ったり、なかなか「イロハニホヘト」と言えない…、私とのやり取りが何だかコントの様になり、どうやらわざと「イロハニホヘト」を言ってない様子(笑)。最後はちゃんと「イロハニホヘト」と言ってくれましたが、幼稚園生でお笑い芸人の様に笑いを取る事が出来るんだ!と内心関心していました!
お母さんと大笑い、私は笑い過ぎて涙が出ました(笑)!
その日は「イロハニホヘトを言う」宿題を出しました。
次のレッスンではお笑いはなしで「イロハニホヘト」を言ってくれるかな?ピアノ教室.COM
コキアが赤く色付いています
C9F36E00-BCE8-4854-AEB3-A0CD0C1C2B20.jpeg
先日撒いた「ピアノの花園」の種から芽が出ていました!思ったより早い成長に驚き😲

この記事へのコメント